東京都新宿区・四ツ谷の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

採用・内定のQ&A

採用・内定・試用期間といった、入社直前、直後において会社の経営者、人事労務・総務担当者の皆さんから相談を受けることの多い内容を、まとめて解説しました。

採用前後における問題点は、この先その労働者が長期間御社に勤続するという場合には、特に大きな紛争の種となります。最初はちょっとした違和感であっても、何年も経つうちに御社に対する適格性を全く有していないことに気付くこともありますが、勤続を重ねれば重ねる程、解雇等の処分によって労働者の人生を変更することには、大きなリスクが生じます。

求人票と異なる労働条件で雇用可能ですか?│労働法務Q&A

求人票に労働条件を明示することは、職業安定法で義務付けられているため、全く虚偽の労働条件を記載したり、労働条件を全く記載しなければ、職業安定法違反となることはもちろん、「求人詐欺」とのレッテルを貼られ、御社に取り返しのつかない大損害となるおそれがあります。

労働法務Q&A浅野総合法律事務所
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.