東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

顧問弁護士

顧問弁護士とは、月額一定の金額の顧問料を支払うことによって、顧問弁護士をパートナーとして、御社に起こる日常的な法律問題の相談をし、契約書などのチェックを依頼し、法律問題、トラブルが起こる前から未然に防ぐ、いわゆる予防法務を担当する弁護士のことです。

一定程度以上の業務が発生する場合には、顧問契約を締結した方がメリットが大きい場合が多いといえます。

顧問弁護士を依頼する場合には、顧問料と顧問業務の範囲のバランスを意識するようにするとよいでしょう。また、格安顧問を売りとしているサービスは、実際に業務が必要となる場合には追加で別途費用が必要となり、月額の顧問料のみで受けられるサービスが非常に少ない場合がありますので、注意が必要です。

会社のセクハラ問題の対策、解決のために顧問弁護士に依頼すべきこと

未然にセクハラ問題を抑止し、また、既にセクハラ問題が顕在化してしまった会社もセクハラ問題の再発を防止するため、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。セクハラ問題が発生した場合、顧問弁護士に依頼すべき事項をまとめて解説します。

セクハラ解決対策顧問弁護士依頼

顧問契約を締結して会社の価値を守る必要

浅野総合法律事務所では、企業法務、特に労働法務を得意分野とし、多くの顧問先企業の皆さんと顧問契約を締結し、日常的に法律相談に乗っています。そのため、四ツ谷(新宿区)という関東各県からの利便性を考慮した場所に事務所を置いています。

顧問契約必要
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.