東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

就業規則

就業規則で労働条件を不利益変更する場合、労働者の個別同意をとるべき理由と、同意取得の方法

就業規則の変更によって労働者の労働条件を不利益に変更する必要が生じた場合のやり方と、並行して労働者の個別同意を取得する方法を解説します。就業規則の不利益変更には合理性という要件が必要であり、合理性のない不利益変更は無効となるため、個別同意の取得が重要です。

就業規則不利益変更個別同意取得方法

就業規則の意見聴取・届出・周知などの手続的規制について

就業規則としての効果を発揮するためには、労働基準法上に定められた、就業規則の行うべき手続を履行する必要があります。この、就業規則の手続的規制が、「意見聴取」「届出」「周知」です。適切な手続を欠く就業規則は無効とされる可能性があります。

就業規則意見聴取届出周知

就業規則作成の際、就業規則と諸規程に記載すべき事項

就業規則では、法的な観点から、会社に有利なこと、労働基準法上記載が義務付けられていることのみを定めるべきです。余計な記載はかえって労働者に有利な根拠を与えかねません。就業規則には、絶対的必要的記載事項、相対的必要的記載事項、任意的記載事項の3種類があります。

就業規則の記載事項

就業規則作成が義務づけられる、10人以上の労働者を使用する事業場とは?

就業規則の作成義務は、ある一定の人数以上の事業場に限定されています。とはいえ、これを下回る事業場でも、就業規則が使用者に有利なものであることから考えると、全ての会社において、就業規則を作成することは非常に有意義であるといえます。

就業規則の作成義務
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.