東京都新宿区・四ツ谷の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

退職勧奨

合意退職の意思表示が事後的に無効(強迫・錯誤)とされないため、会社の適切な退職勧奨の方法

合意退職の意思表示が無効となる場合を解説し、退職の意思表示の無効とを回避するための、会社にとって適切な退職勧奨の注意点を解説します。退職勧奨を行う下準備のために、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

合意退職意思表示無効強迫錯誤解雇退職勧奨方法会社側労働問題弁護士東京

退職の意思表示の撤回を避けるため、退職届・退職願を受け取った会社がすべき適切な対応方法

退職届・退職願による退職の意思表示を事後的に撤回され、労働審判・団体交渉などのトラブルとなることを回避するため、労働者の退職時の争いのリスクをできる限り低くするため、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

退職届退職願撤回受け取った会社適切対応方法

退職届を受け取るための説得をすべきこと。解雇、懲戒の前に検討すべき退職勧奨。

懲戒解雇、普通解雇を検討している場合に、まずは退職勧奨による合意退職を検討すべきである理由を解説します。窮地に陥った労働者の行う労働審判、訴訟では、解雇権濫用法理により解雇が制限されている以上、会社は非常に不利な状況に立たされざるを得ません。

解雇懲戒退職勧奨検討
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.