東京都中央区・銀座の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

派遣労働者

派遣労働者とは、派遣元と雇用契約を締結し、派遣先と派遣元との間の派遣契約に基づいて、派遣先で働く労働者のことをいいます。

派遣労働者の場合、正社員とは異なり「雇用と指示が分離する」という関係にあります。すなわち、雇用されている会社は派遣元となりますが、日常的な業務命令などの労務管理は派遣先が行うこととなります。

派遣法による業法規制を受けますが、これを嫌って、派遣と同様の働き方であるにもかかわらず、「請負」の形式で行うのが「偽装請負」です。「偽装請負」を安易に行うと、派遣法によって、派遣先が雇用を申し込んだものとみなされ、派遣社員の請求によって派遣先の正社員となってしまうこともありますので、派遣先会社としては十分注意が必要です。

派遣労働者を解雇する際注意すべきポイントと雇用安定措置の方法【派遣法改正】

派遣労働者を解雇したり、労働者派遣契約を終了したりする際に、派遣先、派遣元が注意すべきポイントを解説。派遣労働者を利用する際、改正派遣法対応に疑問、不安がある会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

派遣契約終了派遣労働者解雇派遣先派遣元雇用安定措置注意改正派遣法会社側労働問題弁護士東京

派遣期間制限を延長する意見聴取の手続と方法?労働契約申込みみなし制に注意【派遣法改正】

労働契約申込みみなし制に関し、事業所単位の期間制限を延長する手続の方法と注意すべきポイントを解説。派遣労働者を利用する際に疑問、不安な会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

派遣事業所単位期間制限延長労働者代表意見聴取会社側労働問題弁護士東京

労働契約申込みみなし制の対象となる違法派遣の回避のため、派遣先が注意すべき派遣受入れのポイント【派遣法改正対応】

労働契約申込みみなし制がどの違法派遣に適用されるかと、派遣法改正で導入された労働契約申込みみなし制の適用対象とならぬよう派遣先会社が注意すべきポイントの解説。改正派遣法への対応に不安がある会社様は、企業側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

違法派遣労働契約申込みみなし制度派遣先注意点会社側労働問題弁護士

派遣労働者の労働組合から団体交渉、受ける必要は?労働契約みなしで増える団交

派遣労働者の加入した労働組合から、労働組合結成通知書、団体交渉申込書への、派遣先会社の対応の解説。派遣先も、申込みなし制度の適用となる場合、労働条件を支配している場合等一定の場合、派遣社員からの団体交渉に応諾する義務があります。

派遣先団交応諾団体交渉

派遣労働者を利用する会社が注意すべき3つのポイント

労働者派遣法の度重なる改正によって派遣労働者の利用方法は大幅に変わっています。この点について、派遣労働者を利用している以上、派遣元の説明だけ受け身に聞いて、特に理解していないというのでは、労働契約申し込みみなし制度を利用される等、思わぬところで足元をすくわれる可能性があり、十分注意が必要です。

派遣労働者を利用する会社が注意すべき3つのポイント

派遣労働者のキャリアアップ措置義務への対応│派遣法改正

平成27年9月に施行された改正労働者派遣法のうち、キャリアアップ支援措置義務について解説しました。改正派遣法全体の概要は別記事(準備中)で解説しますが、改正派遣法によって、「派遣」という雇用形態への基本的考え方を大きく転換させる必要があります。

派遣法キャリアアップ措置義務化

労働者派遣法改正の概要(平成24年10月1日施行)│派遣法改正

派遣労働者をはじめとした非正規労働者の雇用確保と生活の安定、そして、少子高齢化により労働力人口が減少する中で、多様な働き方の選択を容認するための雇用形態の選択肢を増やすといった目的から、非正規労働者に関する法律は、ここ数年の間に重要な改正が繰り返されています。

派遣法改正
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.