東京都新宿区・四ツ谷の労働問題・企業法務の専門弁護士が会社の労働問題を解決!労働審判・団体交渉・問題社員対応・労働訴訟は弁護士にお任せください。
労働問題コラム

非正規社員の人事労務

非正規社員とは、正社員でない労働者のことを意味します。この中には多様な形態があり、一般的には、契約社員、パート、アルバイト、派遣といった定義となります。

しかしながら、例えば同じ「パート」といっても、主婦などの主たる生計者でない人の行うパートと、正社員になることができなかった新卒者が行うパートとでは、性質が全く異なりますから、会社側でもその人事労務管理は、対象となる非正規社員の性質に合わせて柔軟に考えなければなりません。

以上の点で、原則としては正社員に比べて雇用保障が弱く、使用者としては安易に考えがちな非正規社員ですが、その人事労務上の処遇は、怠慢な考えでいるとヤケドするかもしれません。

派遣労働者を解雇する際注意すべきポイントと雇用安定措置の方法【派遣法改正】

派遣労働者を解雇したり、労働者派遣契約を終了したりする際に、派遣先、派遣元が注意すべきポイントを解説。派遣労働者を利用する際、改正派遣法対応に疑問、不安がある会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

派遣契約終了派遣労働者解雇派遣先派遣元雇用安定措置注意改正派遣法会社側労働問題弁護士東京

派遣期間制限を延長する意見聴取の手続と方法?労働契約申込みみなし制に注意【派遣法改正】

労働契約申込みみなし制に関し、事業所単位の期間制限を延長する手続の方法と注意すべきポイントを解説。派遣労働者を利用する際に疑問、不安な会社様は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

派遣事業所単位期間制限延長労働者代表意見聴取会社側労働問題弁護士東京

労働契約申込みみなし制の対象となる違法派遣の回避のため、派遣先が注意すべき派遣受入れのポイント【派遣法改正対応】

労働契約申込みみなし制がどの違法派遣に適用されるかと、派遣法改正で導入された労働契約申込みみなし制の適用対象とならぬよう派遣先会社が注意すべきポイントの解説。改正派遣法への対応に不安がある会社様は、企業側の労働問題に強い弁護士へご相談ください。

違法派遣労働契約申込みみなし制度派遣先注意点会社側労働問題弁護士

定年後再雇用の嘱託社員と、正社員の労働条件の不合理な差別が許されないことについて

定年制の運用について疑問、不安がある会社は、企業の労働問題に強い弁護士へご相談下さい。定年後嘱託社員の職務内容、職責が変更されず労働条件だけ正社員より切り下げるケースは、今回の裁判例により違法無効と評価される可能性あり。嘱託社員の就業規則、雇用契約書を修正すべきでしょう。

定年後嘱託社員正社員不合理差別禁止

派遣労働者の労働組合から団体交渉、受ける必要は?労働契約みなしで増える団交

派遣労働者の加入した労働組合から、労働組合結成通知書、団体交渉申込書への、派遣先会社の対応の解説。派遣先も、申込みなし制度の適用となる場合、労働条件を支配している場合等一定の場合、派遣社員からの団体交渉に応諾する義務があります。

派遣先団交応諾団体交渉

有期契約社員も育児休業取得が可能!要件は?【改正育児介護休業法が平成29年1月施行】

有期契約社員の育児休業を理解しない会社が、育児休業の取得を一方的に拒否すれば、労働審判、訴訟などで争った場合、会社に不利な結論となる。改正法に合わせた就業規則の改定と教育、周知徹底が必要。

有期契約社員育児休業改正法平成29年1月

有期契約労働者が無期転換して雇用契約を締結する際に注意すべきポイント

無期の労働契約に転換した場合、その労働条件を規律するのは、雇用契約書と就業規則です。労働条件を明らかにし、労働者にも十分な制度への理解を深めるため、無期労働契約に転換した際にも、雇用契約書を作成。無期転換して雇用契約を締結する際に注意すべきポイントを解説します。

無期転換雇用契約

同一労働同一賃金法の成立によって企業が検討すべき対応・対策のポイント

「同一労働同一賃金」とは、同じ内容の業務を行っている者は、同じ金額の賃金をもらうべき、という考え方。平成27年9月16日、「労働者の職務に応じた待遇の確保等の施策の推進に関する法律」、いわゆる「職務待遇確保法」が施行され、同一労働同一賃金法などともいわれますが、同一労働同一賃金を原則化した法律ではない点に注意が必要です。

同一賃金同一労働法

派遣労働者を利用する会社が注意すべき3つのポイント

労働者派遣法の度重なる改正によって派遣労働者の利用方法は大幅に変わっています。この点について、派遣労働者を利用している以上、派遣元の説明だけ受け身に聞いて、特に理解していないというのでは、労働契約申し込みみなし制度を利用される等、思わぬところで足元をすくわれる可能性があり、十分注意が必要です。

派遣労働者を利用する会社が注意すべき3つのポイント

派遣労働者のキャリアアップ措置義務への対応│派遣法改正

平成27年9月に施行された改正労働者派遣法のうち、キャリアアップ支援措置義務について解説しました。改正派遣法全体の概要は別記事(準備中)で解説しますが、改正派遣法によって、「派遣」という雇用形態への基本的考え方を大きく転換させる必要があります。

派遣法キャリアアップ措置義務化
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 企業の労働問題解決ナビ All Rights Reserved.